私にとって2014年は「出会いと別れ」

~今日の記事は長めです~









今日で2014年も終わりを迎えます[emoji:e-2]何だかんだであっという間の1年でした。。。


タイトルにもある通り、私が今年を一言で表すなら「出会いと別れ」です。

まず、別れの部分から。。

このブログで書いたかどうか、ちょっと記憶にないんですが、実はクーちゃんを迎えるきっかけとも言える出来事が1月30日に起こったのです。



私が小さい頃から、まるで妹のように接してきたシー・ズーのりんりんが、14歳で天国に旅立っていきました。


本当に、突然の出来事でした。


りんちゃんの誕生日は1月28日で、その当日に突然呼吸が荒くなり、急いで病院に連れていったのですが…
「肺に水がたまっている。このまま連れて帰ったら今日の夜には死んじゃうから、酸素ボックスにいれてあげよう。」


昨日まで元気だったのに、何故こんなに…突然?
本当にわけも分からぬまま、先生を信じ、りんちゃんを酸素ボックスに入れました。
苦しそうな息も、心なしか安定していたと思います。



その日の夜も、次の日も、お見舞いに行きました。行くたびにりんちゃんは「大丈夫だよ」と言ってるように、尻尾を振って…辛いはずなのに立ち上がって出迎えてくれました。


でも……。

それでも…やっぱり、14歳という年齢もあって、りんちゃんは30日の明け方に旅立ってしまいました。


悲しくて辛くて、突然だったから心の準備も出来てなくて、心にポッカリ穴が開いてしまったようでした。









……3日たち、10日たち、約2週間がたった2月16日の日曜に、気分を変えてずっとずっと行きたかったフクロウカフェ、月島のフクロウのみせに行くことにしました。
…小さい頃からフクロウが好きだった、とこのブログにも散々書いているように、この時はただ、癒されに行くだけのつもりだったんです。

だけど。


(フクロウのみせブログより↑)
たまたまいたアフコノの雛2羽…。

そのうちのちょっぴりぼんやりした方の1羽が我が家にやって来ることになりました。

昔から、人以外の「命あるもの」の存在があった我が家。

りんちゃんがいなくなってから空いていたその穴を、このアフコノ…クーちゃんが埋めてくれたのです。


ふわふわの毛玉みたいな、念願のフクロウ…!


りんちゃんがいなくなったという喪失感を和らげ、癒してくれたのは紛れもないクーちゃんです。









そして、また、クーちゃんを通して色々な方と知り合うことが出来ました。

フクロウコミュニティーは私に新たな世界の扉を開いてくれたのだと思います。


クーちゃんの羽が大人の姿へと変わっていった頃…




クーちゃんお迎えから4か月後の6月15日の日曜、更にアフワシをお迎えすることになりました。



私の「フクロウでフライトをやってみたい」という願いを家族会議の結果…叶えるためでした。


もちろんクーちゃんのような小型種も可愛いけれど、アフワシくらいのサイズだと…また違った愛らしさがあります。



クーちゃんもカイも、全ての始まりは…りんちゃんの旅立ちでした。


チョコボとりんちゃん↑


りんちゃんを失ったという悲しみはありますが、今は「りんちゃんが私をクーとカイに出会わせてくれたんだね」と考えるようにしています。




で。

今年最後の散歩に出掛けました!




いつもより多く羽ばたいております、ゴルゴ・クー(笑)


日差しが眩しくていつもより瞳孔が小さいカイ(笑)






知らんぷり~


からの…

見つめ合い(笑)



「来年もよろしくッス!」

「カイ、あんたは来年こそちょっと大人しくなりなよ」



長くなりましたが、これで今年のブログ更新最後にしたいと思います!

TwitterやInstagramなど、色々とクーとカイの写真をUPしてきましたが、沢山の方にコメントやふぁぼ、イイネを貰い、とても嬉しいです[emoji:v-10]
ありがとうございましたm(._.)m

来年もいっぱいいっぱい、クーカイをお届けしますので、よろしくお願いします!


では、皆さん、良いお年を!



クーちゃん
今日の計測

朝:食前194g→食後209g





カイ
今日の計測

朝:食前692g→食後726g


0

コメント

タイトルとURLをコピーしました